×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


遠州横須賀 三社祭礼囃子保存会


平成18年10月4日

タイ国際園芸博覧会出演 打ち合わせ・新聞社取材
(心源棒・花差・万度 完成)

タイ万博出演についての打ち合わせが行われました。
また、タイ万博へ持って行く心源棒・花差・万度が完成し、打ち合わせの模様と合わせて新聞社の方が取材に来られました。
タイ万博へ持って行く心源棒・花差・万度です。
保存会の会員で大工の棟梁(O建築さん)が設計・製作してくれました。素晴らしい!!
今は万度に文字が入っていませんが、今後話し合って行き、決定・製作・取付けして行く予定です。
また出演までには祢里を模した下台(輪無し)が製作される予定で、その下台に心源棒が立てられ、花差と万度が付くようになります。この日、下台の設計図が出来上がって来ていました。設計は保存会役員のS設計士さんが担当してくれました。
今回、新聞社さんが取材に来られたので、仮り組みし、大花を数本差してみました。
タイ万博出演の際には、花差に大花を巻き、丸提灯をぶら提げ、宵宮の夜ねりを表現することになっています。動かすことは不可能ですが、正に横須賀の祢里を表現出来るようになると思います。


この心源棒・花差・万度ですが、実はO建築の棟梁が3日間悩み考え抜いた絶品です。
タイ国まで航空便で送るため、全てコンパクトに分解され、1m×1m×0.6m程度の木箱にスッポリ納まってしまうように出来ています。本当に素晴らしい!!